同乗者にも自賠責保険は適用されるの?

このようなお悩みはありませんか?

  • 助手席に乗っていて交通事故に遭った
  • 家族も事故でケガをしてしまった
  • 友人の車に乗っていて事故に遭ってしまった
  • 助手席や後部座席では保険適用されるのかわからない
  • 痛いけど保険のことが心配で我慢をしている

漫画

自賠責保険は同乗者に適用されないと思っている方は、意外と多いのではないでしょうか?

交通事故に遭った助手席や後部座席の方も、家族であっても友人であっても、自賠責保険が適用されます。

交通事故が起きた瞬間、ドライバーの方はとっさにハンドルを握ったり、ブレーキをかけたりと多少は自分の身体を守るために身構えることが出来ます。

ですが、助手席や後部座席の方は交通事故による危険を予測出来ないため、無防備な状態で事故に遭う確率が高く、ひどいケガや不調に悩まされるケースが多いです。

同乗者の方もドライバーの方と同じように、交通事故による痛みや不調に対して、保険を使って施術を受けられたり、費用などを請求することが可能なのです。

「迷惑をかけるのではないだろうか?」「友達の車で送ってもらったから…。」などと心配して放っておくと、長期間不調に悩まされ、痛みを抱えながら日常生活を送る事になりかねません。

そうならないためにも、我慢せずに早い段階で対処することが大切です。

同乗者の方もしっかりと施術しましょう!

120万円が上限ですが、家族・友人・恋人であっても運転手と関係性を縛られることなく、一人一人に自賠責保険が適用されます。

交通費や休業補償、慰謝料なども支払われますので、安心してご自身の身体の事に専念出来ます。

交通事故後、痛みや違和感を感じたら早めに医療機関で検査を受けましょう。

警察にも連絡し、「人身事故」の届け出を行ってください。

そうしないと、自賠責保険が適用されません。

保険の手続きから交通事故治療までトータルサポートします!

施術風景

当院では、地域の病院と弁護士事務所とも連携をとっておりますので、分かりにくい保険の手続きから、交通事故治療までトータルであなたを支えます!

事故状況やお身体の不調など真摯にお悩みに耳を傾け、丹念にカウンセリングを行い、お一人お一人に合わせた交通事故専門プログラムで、お悩みに寄り添いながら健康な身体作りへと導きます。

「息子の運転で、助手席に乗って事故に遭ってしまった」
「友人と交代で運転しながら出掛けてて、事故に遭った」
「友人の好意で車に乗ったけど事故に遭ってしまった」

など、事故直後はそうでもなかったけれどだんだんと痛みが増してきた、運転手じゃないけれど保険って適用されるのかな?と悩まれている方は是非、私たちにご相談ください!