事故から数日後、首に痛みが!

このようなお悩みはありませんか?

  • 事故に遭って首を痛めた
  • 事故後しばらくしてから首に違和感を感じる
  • 手もしびれてきた
  • 頭痛やめまい、吐き気がする
  • 首を動かすのがつらい

漫画

交通事故後に起こる首の痛みの原因

交通事故のケガの中で一番多いのが、首を痛めてしまうことではないでしょうか。

車に乗っている時にいきなり後ろから追突されたり、横から衝突されたりすると、無防備な状態の身体に大きな衝撃が加わります。その時、首から頭にかけて鞭がしなるように動き、首の筋肉や神経を傷つけてしまいます。

人間の頭はとても重く、体重の10%ぐらいと言われています。

強い衝撃で頭が前後左右に揺さぶられると、その重い頭を支えている首にかなりの負担がかかります。頭から首、背骨に沿って大変重要な神経の束が通っている為、筋肉や神経を痛めてしまうのです。

事故当日は身体も気持ちも興奮状態で、首の痛みや違和感に気付かないことがあります。

また、事故から数日経ってから、徐々に痛くなってきたり、つらく感じてくる場合もあります。

「レントゲンで骨には異常が無いと言われたけど…。」
「安静にしていたら、そのうち良くなるかも。」
と、そのままにしておくと仕事や日常生活にも支障をきたしてしまう可能性が出てきます。

そうなってしまうと、首の痛みだけではなく、頭痛や吐き気、倦怠感、手のしびれなど色々な不調が後遺症として起こりかねません。

そこで、当院では交通事故による首の痛みでお悩みの方に早く回復していただきたく、地域の病院と連携し、交通事故の施術をトータルケア行っています。

首の痛みを伴う3つのタイプ

首を痛めてしまった場合、「むち打ち」の可能性が考えられます。

頸椎捻挫

むち打ちのなかで最も多く、約70%がこのタイプといわれています。

交通事故の衝撃で首の周りの筋肉や靭帯が伸びることで炎症が起き、肩や首の張りやコリ、寝違えたような痛みなどを感じます。

バレ・リュー症候群

首の神経にダメージを受けると自律神経が乱れ、上手く交感神経と副交感神経が働かなくなることがあります。

頭痛や吐き気やめまい、耳鳴り、脱力感、手のしびれ、食欲不振といったような体調不良が生じる場合があります。

神経根症状

頸椎から枝分かれしている神経根が強い衝撃により圧迫・刺激され、肩や腕の痛みが生じたり、手や指のしびれを感じたりします。

また、身体に力が入りにくかったり、顔や後頭部に痛みを感じたりすることもあります。

首の痛みに対する施術法

施術風景写真

首の痛みや不調にはまず、丁寧なカウンセリングを行うと共に、どのあたりがつらいのか、お身体の状態もしっかりとチェックしていきます。

手技と電気機器、鍼など、お一人おひとり、身体の状態に合わせた施術メニューを作成し、負担がかからないよう無理のないプランを一緒にご相談しながら、提案します。

事故後、お身体もお気持ちも非常にデリケートな状態だと思いますので、「触られるだけで痛い」「痛いのに、ボキボキされるのか不安だ」など、少しでも不安な事がございましたら、お気軽にご相談ください。

首の痛みや不調の施術だけで終わらず、痛みを繰り返さない、再発予防を目的とした当院オリジナルの体幹トレーニングで、身体の中から鍛えていき、バランスを整えていきます。

また施術だけでなく、当院は地域の病院・法律事務所とも提携し、ケガのことから保険の事まで総合的にサポートいたします。